開業の流れ

サロン開業にあたって、半年~1年前から準備をスタートします。『どんな流れで準備をしていけばいいの…?』と不安も多いかと思います。何から手をつけていけば良いのかしっかりと把握した上で準備、計画を立て、自分のイメージするサロンを形にしていきましょう!

事業計画書作成

サロン開業のスタートは事業計画書づくり。
事業計画書はサロンのゴール設定です。ゴールを決めずに走り出すことはできません。
どんなサロンを作りたいのか綿密に計画を立てましょう。

事業計画書に入れるべき3つのカテゴリー

1. サロンコンセプト:サロンの特徴や来てほしい客層、他店との差別化のポイントなど
2. 数字によるシミュレーション:初期投資計画、収支シミュレーションなど
3. コンセプトや数字を達成するための戦略づくり:売上目標を達成するための方法、新規集客獲得施策など

最も大事なのは戦略づくり

どんなに理想のサロンを描いて、目標を設定しても、それを達成できなければ、「絵に描いた餅」で終わってしまいます。
目標達成には、どのくらい新規集客が必要なのか、リピートを増やすにはどうしたらよいかなど、情報収集をしっかり行いながら、時間をかけて取り組む必要があります。

タグ「事業計画書作成」の記事一覧をみる

詳しく読む

資金調達

事業計画書が完成したら、資金調達プランを考えます。開業には多額の費用がかかります。
事業計画書で作成した初期投資費用をどう集めるのかを考えていきます。

多様な資金調達方法

1. 自己資金 / 2.親族からの支援 / 3.日本政策金融公庫からの融資 / 4.制度融資 / 5.ローンやリース / 6.店舗リース開業に必要な資金をどう集めるのか、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

資金調達の前提は自己資金・個人信用・事業計画書

どんな資金の調達方法であれ、必ず自己資金、個人信用、事業計画書はチェックされます。
つまり、開業に向けて計画的にお金を貯めてきたのか、月々の支払いが遅れたり忘れたりしていないか、サロンのことを真剣に考えているか、まずはこの3つをクリアすることが最低条件です。

タグ「資金調達」の記事一覧をみる

詳しく読む

物件選定

事業計画書と資金調達プランが固まったら、いよいよ物件選定。サロンのコンセプトや初期投資計画に合う物件を探します。

物件選定で大事な3つの視点

1.面(商圏):エリアの特性/サロンの需要/競合店などをチェック
2.線(導線):人の流れ/交通量/ターゲットが集まる施設の有無をチェック
3.点(物件):お店の見つけやすさ/入りやすさをチェック

現場に足を運んで確かめましょう

実際に物件に行ってはじめてわかる情報もあります。例えば、意外と駅から遠い、客層が若い、人通りが少ないなどに気づきます。
また、階段が急だったり、駐輪場がなかったりと、物件自体も思っていたのと違っていたという場合もあります。
ネットの情報や統計データだけに頼らず、実際に見に行くことは重要です。

タグ「物件選定」の記事一覧をみる

詳しく読む

店舗設計

開業準備の中で、一番楽しく、オープンを実感できるのがこのステップです。店舗デザイナーに、サロンコンセプトやアイデアをしっかり伝えて、イメージ通りのサロンを作っていきます。

店舗デザイン作成時の3つのポイント

1.設計・デザイン・施工会社の選定
2.サロンイメージの明確化
3.内装費予算の設定

業者の実績を重視しましょう

美容室開業には保健所登録が必要なため、登録基準を満たす設計が必要です。
また、美容室は電気・ガス・水を多く使用するビジネスのため、設備の知識もなくてはいけません。
完成後のトラブルを防ぐために、美容室の内装を手がけた経験のある業者を選びましょう。

タグ「店舗設計」の記事一覧をみる

詳しく読む

器具選定

サロンの差別化を図り、お客様に満足してもらえるためには器具選びも重要なステップです。事業計画書で立てた施術メニューを元に、どんな器具を導入するのかを選定していきます。

美容器具選定の2つのポイント

1.施術メニュー:オシャレな内装にあった器具という発想ではなく、お客様に価値を感じてもらえるかどうかを考えて選びましょう。
2.美容器具費用:内装費、設備費などにも資金を投入するため、初期投資費用の全体のバランスを意識して美容器具の予算を設定しましょう。

分割支払いやリースも選択肢の一つ

思ったよりも物件契約や内装工事にお金がかかる場合、やみくもに予算を増やして美容器具をそろえるのではなく、 分割支払いやリースを賢く利用しましょう。美容器具を分割支払いやリースにすることで初期投資費用を抑えることができます。

タグ「器具選定」の記事一覧をみる

詳しく読む

集客・プロモーション

事業計画書で作成した目標売上を達成するためには、客数を増やさなければなりません。どのような手段で集客するのか、設定した客単価を維持するためにはどうすればよいかを考えていきます。

集客プロモーション成功の鍵

1.何を伝えるか(お店の魅力・ウリ)
2.誰に伝えるか(ターゲット)
3.どうやって伝えるか(媒体選定)

ターゲットを絞り込むことが大切

ターゲットはできるだけ細かく設定します。「年齢」「性別」だけでなく、「職業」・「収入」・「ライフスタイル」・「ファッション」など、詳細に理想のターゲット像を作っていきます。ターゲットが明確になると、訴求すべきメニューも、 訴求方法もおのずと決まります。ターゲットは広げすぎず、絞っていきましょう。

タグ「集客・プロモーション」の記事一覧をみる

詳しく読む
POINT-理美容業は必須!-

『保健所』への届出、
および確認検査を受けることが必要です!

工事開始前に管轄の保健所への事前相談にいきましょう。

OPEN
-まずはホッとひといき。
でもここからが本当のスタートです!-
ビューティガレージではサロン繁盛と経営を総合支援する
ためのサービス&エキスパート
を揃えていますので、
オープン後のご相談も承っております。

ビューティガレージにサロン開業の相談をする(無料)