リピート顧客を獲得する際に見逃しがちな“人とのつながり”の重要性

2018/06/08

クーポンサイトやHP、SNSなど、Webが主流の今日このごろ。もちろんこれらも重要ですが、そればかりに目を取られていませんか?

 

サロン経営において重要なのが、いかに新規顧客を“リピート”につなげるか、に他なりません。

 

とあるデータを見たところ、サロンを知ったきっかけで上位に入っている「お店を見かけて」。そして、サロンを継続利用する理由で多いのが「自宅から近い」です。

 

IT化、クーポンサイト、SNSの急成長、電話からネット予約へといろいろと変わってきた激動の過去10年をさかのぼっても、上記の順位はあまり大きく変わっていません。

 

そして、お客様がサロンを変える理由として多い「スタイルがイメージと違う」「下手」「高い」も、昔からほとんど変わってません。

 

ということは、

・家の近くで見かけた
・外見、内装もかっこよく(きれいで)
・技術力の高いスタイリストがいて
・自分のイメージ通りにしてくれて
・そんなに金額も高くない

サロンがあれば行きたいと思っている方が多い! ということになります。

 

サロン目線に置き換えると、お店の近くに住んでいる人の新規集客ができれば継続利用してもらえる可能性が高い ということです。

 

仮に住宅街の中のサロンなら、高額なクーポンサイトよりポスティングの方が効果が高い可能性もあります。ポスティングのチラシが安っぽく感じるなら、DMや便箋等でお渡しするという手もあります。

 

お得な割引券や引換券等が入ればより効果も上がりるでしょう。

 

周りから気持ちの良いお店、スタッフとして見ていただけるよう、ご近所への挨拶や、お店の前や近くを掃除する等、ご近所づきあい的な部分も重要かもしれません。

 

町内会やお祭り、イベントなど業務以外にやらなければいけないことも多いかもしれませんが、このようにいろいろなイベントがあるからこそSNSでの情報発信もしやすく、ネタも増え、うまくいけばご近所同士のリアルな口コミも期待できるはずです。

 

少々昭和チックな話にも感じますが、原点回帰。Webではできない リアルな人と人とのつながり。重要な部分だと思います。

この記事のタグ

DM サロン チラシ リピート 口コミ

関連記事

新着記事

開業事例