乗り遅れてない? サロンがクレジット決済を導入すべき理由と営業方法

2018/06/19

こんにちは! 『サロン決済ナビ』担当の若林です。

 

普段はビューティガレージの決済サービスである『サロン決済ナビ』を担当しており、全国のサロンの決済周辺サービスについてご提案しております。

 

昨今、美容業界におきまして、単価の低下や来店頻度の減少など厳しい状況が続いており、低価格店の登場や専門店への細分化、フリーランスの増加など、サロンの経営環境も変化してきています。

 

まさに、生き残りをかけたサロン戦国時代に突入したといえるのではないでしょうか。

 

そこで今回は私の担当業務である“決済サービス”についてお伝えいたします。

 

キャッシュレス決済の波

サロンの支払方法の種類も多様化してきました。多くの予約ポータルサイトでも、検索時に「地域」「価格」に加え、「クレジットカード払い」という選択が当たり前になってきました。

 

現在主要な支払方法としては、以下のようなものが挙げられます。

■クレジットカード決済 (据置端末機/モバイル端末機/スマホ/パソコン……)
■電子マネー決済 (交通系/iD/nanaco/WAON/QUICPay/楽天Edy/Apple Pay……)
■QRコード決済 (楽天ペイ/LINE Pay/Origami Pay/pring/d払い/Yahoo!ウォレット……)

 

決済案内をしている私自身も、世の中の流れに付いていくのに必死です。これ以外にも、2020年のオリンピックまでにさまざまな支払方法が出てくることでしょう。

 

国も、『2025年までにキャッシュレス決済率40%』と動き出しました。ちなみに現在、日本のキャッシュレス率は約20%です。要は、2倍に引き上げるということです。

 

海外においては現在、お隣韓国95%、中国60%、アメリカ50%とキャッシュレス化は進んでおります。日本はまだまだ伸びしろがありますね!

 

サロンがクレジット決済を導入する理由

これは、多くのサロンオーナー様たちの意見を聞いたうえでの話です。

 

実はクレジットカード決済を導入する理由で一番多いのは、「みんながやっているから」です。日本人ぽい理由ですよね。

 

でもこれってすごく重要で、それだけ決済方法として広まっているということです。ということは、クレジット決済はお店を営業していく上で必要不可欠な決済方法なのです。

 

以下、ユーザーとサロンそれぞれの目線で、なぜクレジットカード決済を導入するのか考えられる理由です。

 

【ユーザーの声】
・現金を持ち歩かなくて便利なのでクレジットカードで支払う
・ポイントが貯まるのでクレジットカードで支払う
・給料日前なのでクレジットカードで支払う

【サロンの声】
・機会損失を無くすため
・1人あたりの客単価アップのため
・他店舗との差別化のため

などなど。意外と当たり前の理由しかありません。

 

クレジットカード決済は、当たり前の決済手段として準備する時代です。物販業・飲食業では当たり前のことを、美容業でもいち早く取り入れサービス提供しなければなりません。

 

クレジットカードカード決済で客単価アップを目指す

クレジットカード決済を導入する理由でも取り上げた“サロンの声”について深堀りしてみたいと思います。

 

もっとも重要なのは、「1人あたりの客単価アップのため」です。導入サロン様は店舗の売上も伸び、店舗拡大や事業拡大と順調に伸びます。ではどのような方法で伸ばしているのか?

 

ここで言いたいのは、1日で対応可能なお客様の数には限界があるということです。時間、席数、予約状況等いろいろ理由はあります。

 

ではクレジットカード決済を入れることでどのような伸びしろがあるのか。それは“単価アップ”です。1人の人間が1日に可能な施術には限界があり、お客様の数にも限界があります。

 

予約が“カット”だけのお客様をそのまま返してませんか? 目の前にお客様がいてそのまま返すのはもったいないですよ! サロンオーナー様は美容のプロなのですから、どんどん提案をしていきましょう。

 

何をしたらもっとかわいくなるのか
何をしたらもっとかっこよくなるのか
何をしたらこのカラーは持続するのか
何をしたらこのパーマが持続するのか

 

まずは思っていることを全てのお客様に提案することを徹底してください。それが営業になりお客様単価アップにつながります。

 

クレジットカード決済をうまく使っているサロンは、全スタッフがこれを徹底し、その成果を数値化しています。

 

『カット』 だけのお客様に……

+『カラー』
+『パーマ』
+『トリートメント』
+『ヘッドスパ』
+『セット・メイク』
+『シャンプー・ワックス等』

 

実はサロンオプション(武器)はたくさんあるのに、そのオプションを使いこなしていないのです。まずは10人お客様がいたら10人のお客様にオプション提案をしましょう。

 

そこから成功事例と失敗事例を積み上げていきましょう。数値化して記録に残しましょう。スタッフがいるサロンはそれを評価してあげましょう。

 

クレジットカードカード決済で機会損失を減らす

オプション提案の重要性についてお話ししましたが、現金しか使えないサロンでは、どんなにオプションがあっても、提案をしても、お客様の財布の中身次第ですべて無駄になってしまいます。

 

今そこに「かわいくしてほしい」「かっこよくしてほしい」と思っているお客様がいて来店されているのです。

 

しかし現金しかなければそれを提供することはできず、次回来店を待ったとしても、お客様の気持ちは変わってしまうでしょう。まさに機会損失です。

 

このように全てのサービスは結果と連動し成果として現れます。

 

まとめ

サロンは一日にしてならず、とはまさにこのことです。サロン戦国時代に入る中、一つひとつの積み重ねでサロンの付加価値は変ります。

 

必ずしも「クレジットカード決済端末機を導入した」=「売上が増える」ではありませんが、小さなことからコツコツと取り組んでいくことが大事なのです。

 

まだまだ伸び白のある分野だけに、私自身も最高のチャンスだと思っております。何かございましたらお気軽にご相談ください。サロンのお役に立つ情報を今後も発信して参ります。

 

▶クレジットカード決済導入を検討中の方は『サロン決済ナビ』をご活用ください

関連記事

新着記事

開業事例