開業前に知りたい! サロン経営に不可欠なPOSシステムの基本と選び方

2019/07/30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容室 顧客 

サロン繁盛の肝は「いかにお客さまの満足度を上げて、毎回通ってくれるロイヤルカスタマーを増やことができるか」です。

 

そんなサロン経営において強力なツールとなるのがPOSレジ。

 

しかし、POSメーカーはたくさんあって、「比較してもわからない」「どういう基準で選んでいいかわからない」という声も多く寄せられます。

 

そこで今回は、最近の傾向などを例にあげながらPOSレジの特徴について説明したいと思います。

 

そもそもPOSってなに?

POSとは「Point Of Sales」の頭文字をとったもので、日本語に直訳して「販売時点情報管理」とも言われています。

 

よくレジスターと比較されることがありますが、レジスターは売上の数値のみを管理するのに対し、美容サロンにおけるPOSは「いつ」「誰が」「何のメニューで」「いくらで」といった情報を管理する複合的なシステムです。

 

さらに美容室では顧客カルテで作成された、顧客の「性別」「年齢」「来店回数」「来店動機」「来店時間」など多岐にわたる要素を組み合わせ、サロン経営に必要となる詳細なデータを出すことも可能です。

 

これらのデータを、サロンワークをしながらPOSレジ無しに出すことは非常に手間がかり困難でしょう。

 

今後、スタッフを増やしたり2号店を出店したりすることを視野に入れている場合、必ず必要となるツールなので、できれば開業時に導入いただくことをおすすめします。

 

POSを選ぶ基準

できることが多いツールだけに、商品を選ぶ際は自分のサロンに何が必要なのか、重視するポイントを見極めながら選ぶようにしましょう。

機能性

詳細なデータ分析をはじめ、Web予約、写真撮影機能、電子カルテ機能、お客様へのDM・フォローメールの配信、他のシステムと連携、店販・材料等の在庫管理などさまざまな機能を持ち合わせているPOSもあります。

 

機能性をウリにしたPOSは金額がやや高い傾向にありますが、費用対効果を考えながら判断しましょう。

 

どの機能をとっても利便性が高く、サロンの業務負担を軽減する非常に良いものですが、実際に自分のサロンでは「誰がどのように活用するか」「結果どのように売り上げに結び付くか」などイメージできるかが大切です。

 

また高機能な反面、操作が複雑になる傾向もありますので、導入の際はしっかりと操作講習を受けて、スタッフにも落とし込みを行いましょう。

 

操作性

せっかく良いシステムを導入しても、操作を覚えられず活用できなくては本末転倒です。

 

多店舗サロンや大規模サロンでよくある例ですが、高額な費用を費やし高機能なPOSを導入したものの、現場スタッフが全く使いこなせず全機能の3分の1ほどしか使えていないということもよくあります。

 

POSには、機能をある程度絞って、できる限りシンプルで簡単な操作性をウリにしたものもあり、機能面がシンプルなことから価格も安い傾向にあります。

 

このように機能を絞ったものでも、基本的には最低限必要とされる機能は備わっており、簡単に操作できスムーズに運用できることから、確実に導入効果を出すことができると思います。

 

パソコンやシステムの操作に自信の無い方、POSレジを触ったことが無いが必要性を感じ導入したいといった方にはオススメな入門機といえるでしょう。

 

拡張性

今後求められるシステムは、「時代の変化に合わせ常に進化し続けるシステム」です。

 

身近な例でいうと、スマホのアプリもアップデートを繰り返し、機能追加や操作性の向上をし続けながら時代の変化に対応しています。

 

POSも同様に、導入後も時代の変化やニーズに応じてアップデートを行うものもあります。

 

機能性をウリとしているPOSであれば、こういった要素も料金に含まれているケースが大半ですが、低価格帯のPOSを導入検討する際にはこの部分をあらかじめ確認しましょう。

 

価格

サロン開業時は内装費、機材・材料費、広告宣伝費などPOS以外にかける優先度が高くなることが多く、必要性は理解できてもPOSにかけられる予算は限られているといったことも多いかと思います。

 

最近では、そんな方向けに“無料”で利用できるPOSもあります。集客サイトの無料オプションでPOS機能を利用できるものもあるようです。

 

中には「とりあえず無料で利用できるし、一旦これを使えばいいや」という方も多いかと思いますし、実際に弊社の開業相談にも多く来られます。

 

しかしながら、無料には無料である理由が必ずあります。

 

「無料で導入したのはいいけれど、あまり使えるものではなく結局すぐに他のシステムへ乗り換えた」「開業後、落ち着いたタイミングで他のシステムに乗り換えたけれど、過去データの移行ができなくてまたゼロからデータの入力をした」といった話はよくある例です。

 

こうなってしまうと、時間と労力を大幅に浪費することになりますので、無料のPOSを検討する際にはその後の計画をしっかりと立てたうえで利用しましょう。

 

また、生涯1人サロンとしてやっていくのであれば話は別ですが、無料のPOSのみで長期的なサロン経営をしていくには機能性、拡張性の面で厳しいため、出費を覚悟の上で早めに有料のPOSの導入を検討いただくことをおすすめします。

 

まとめ:悩んだらプロに相談を!

開業時、数多くあるPOSメーカーの中から、希望とする機能や予算、自分のサロンに合うものを探すのはとても大変です。

 

ビューティガレージでは、厳選した約25種類のラインナップの中から、あなたのサロンに本当に合う理想のシステム探しを無料でお手伝いいたします!

 

・こんなことができるPOSを探しているんだけど?
・このPOSって実際どうなの?

などなど、どんなご相談でも結構です! 専任のコンシェルジュによる親身なサポートはもちろん、各メーカーのシステムを実際に体験できるデモもご用意しています。

 

ぜひ一度、ビューティガレージ・サロン集客チームの『サロンシステムnavi』までご相談ください!

 

●文/サロン集客チーム:掛札

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のタグ

POS 開業準備 顧客管理

関連記事

新着記事

開業事例