最新エイジングケアで「痛ませない」「老けさせない」美髪へ導く美容室|登戸

SALON OWNER

Baill

松下 さん

松下様の開業サポートは、オープン日から逆算してスタートしました。



退職日が決まっていたので、そこから内装工事、不動産契約、融資決定、物件の申込みといった具合で、いつまでに何を達成するべきかを、小さな目標を作って準備を始めました。



通常スケジュール通りにいくことはほとんどありません。なぜなら物件を見つけるには、運が大きく影響するからです。



案の定、希望エリアでなかなか物件が出てこなかったため、オープン日を伸ばすか、エリアを変えて探すかという選択を迫られました。



松下様は、出店エリアをずらす方向で物件を探しました。すると運よく、登戸エリアで新築の物件に出会います。



本来は実家の近くに戻っての開業を目指していましたが、エリアをずらす決断をした松下様は「地元の人も通いやすく」かつ「自分の指名客も通いやすい」場所を考えてエリアを絞りました。



ポイントは、乗り換えのしやすさと駅からの距離でした。運よく松下様の絞ったエリアは開発地区で新築テナントが多く建てられていた場所だったのです。駅からも徒歩2分以内の好立地。



もちろん、まだできていない建物で開業するにはリスクを伴います。空間、設備など引き渡しのあとでなければ詳しく調査できない。あるいは、工事のスケジュールが遅れ、期日通りに完成しない可能性もありました。



そのあたりも、デザイナーが事前に細かな調査を行い対応できました。また、計画書作成も事前に進めておいたため、物件が固まってからの資金調達は比較的スムーズにいきました。



改めて開業準備はスケジューリングと判断基準が大事だと実感しました。



目標から逆算して開業計画を立てること、迷った場合には自分の判断基準をもとに決断する。この二つは、サロンオーナーの重要な資質だと思います。



松下様の今後ますますの活躍をお祈り申し上げます。



プロジェクトメンバー

プロデューサー

安斎

デザイナー

木立

関連記事

その他の開業サポート事例を見る

新着記事