一人ひとりの「なりたいに応える」!お客さまと美容をつなぐ存在

  • name:shell【シェル】
  • address:東京都武蔵野市吉祥寺
  • open:2019/5/30
  • space:14坪
  • URL:https://shell-hair.tokyo/

SALON OWNER

shell【シェル】

中澤 さん

  • お久しぶりです。オープンから1ヶ月以上経ちましたが、落ち着きましたか?
  • おかげさまで、だいぶ落ち着きました。
  • 久しぶりに伺いましたが、あらためてこの立地はよいですね。目につきやすい場所にあって、交通量もあるし集客しやすいと思います。
  • そうですね。この物件はあたりでした。
  • 今回の開業のポイントは物件だったと思います。
  • 探すのに苦労しました。本当に色々探しましたが、なかなか理想の物件に出会えませんでした。働いていたサロンを退職することも決めていましたので、焦ってビューティガレージさんにサポートをお願いしました。
  • 私も一緒にいくつか物件をみせてもらいました。最終的に候補が二つ出てきました。一つはこの物件。もう一つは人気のドーナツ屋だったテナントでした。両方デザイナーの野本と3人で現地調査しました。最終的にこちらの物件に決めた理由は何だったのでしょう。
  • 理由は2つあります。一つはこちらの物件のほうが働いていたサロンに近かったことです。もう一つは客層ですね。

    この物件は吉祥寺でも三鷹方面にあります。もう一方は練馬区寄りでした。ずっとこのエリアで働いているので、自分の理想のお客さまは、三鷹方面に住んでいる人だなとわかっていました。
  • 実際にどうでしたか?
  • 目標以上に売上を伸ばすことができています。単価も想定より高くなっています。私達が来てほしいと思っているお客さまが来てくれているからです。
  • 内装はどんなところをこだわりましたか?
  • まずは、私達美容師が作業しやすいレイアウトにしてもらったというところですかね。

    掃除がしやすいですし、カラーのお客さまが多いので、動きやすい位置にラボも設けてもらいました。

    お客さまとスタッフの導線を考えてくれて、本当に野本さんには感謝です。

    もう一つはプロジェクターですね。自分たちのスタイルを流しています。サロン自体がガラス張りなのでよい宣伝になっています。夜は特に目立ちますよ。
  • 順調に見えますけど、物件が決まるのが遅れたためオープンも予定より大幅に遅れましたね。
  • そうですね。退職する日を決めてしまっていたので、遅れることはかなり痛かったです。でもサロンを退職した後もホームページやLINEなどでお客さまに告知したり、面貸しサロンで固定客の対応をしたりして何とか切り抜けました。
  • 最後に開業を志す人へアドバイスをお願いします。
  • 「物件選びは慎重にすること」「すべて自分でやらないこと」ですね。

    正直、物件は相性だと思います。オープン時期を決めていましたが妥協せずに探すことでよい物件に巡り合いました。結果、オープンはかなり遅れましたが、うまくいったと思っています。

    また、開業サポートを受けたこともよかったと思っています。事業計画書の作成や融資面談など一人ではとてもスムーズにはできませんでした。

    開業に向けての段取りを作ってくれたおかげで自分が本当にやるべきことに集中できたと感じます。
中澤様への開業サポートで一番印象深かったのは、現地調査で街を歩いていると、中澤様が自分のお客さまに声を掛けられていたことです。それも一人ではなく数人も。

それだけこのエリアで中澤様が支持されてきた証拠です。インタビューの途中にも、お客さまが立ち寄って談笑しておられました。

退職してオープンするまで少し時間がかかりましたが、それでも多くのお客さまが中澤様のもとに戻ってくる理由がわかります。

中澤様は今、店舗展開も見据えてサロンワークに励んでいます。

中澤様の今後ますますのご活躍を期待しております。

安斎

プロジェクトメンバー

プロデューサー

安斎

デザイナー

野本

関連記事

その他の開業事例を見る

新着記事