集客施策は3つセットで考えないとダメです!

公開日:2022/07/06  更新日:2022/07/06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱ホットペッパーを目指して別の集客ツールを探す人がいます。

 

ある人はインスタグラムなどのSNS、ある人はホームページに軸足を移します。

 

しかし、そう簡単にホットペッパーと同様の効果を出すことはできません。集客施策には3つの重要な機能を意識する必要があります。

 

集客ツールを変えるだけでは、ホットペッパーからの移行に失敗する可能性が高いです。

 

集客施策に重要な3つの機能とは「販促ツール」「予約管理」「顧客管理」です。一つずつ説明していきます。

 

販促ツール

販促ツールは、お客さまにサロンを認知させて、サロンへの興味喚起を促す工夫をする手段です。

 

ですから、例えばホームページであれば、「まずサロンのサイトを見つけてもらう」そして、「サイトを見て、行ってみたいと思わせる」ことが不可欠です。

 

特に難しいのは前者です。

 

数あるウェブサイトからサロンを見つけてもらう工夫は、自分一人でやることは難しい。

 

だからウェブ広告運用会社や、SEO対策・MEO対策サポートなどを利用して、見つけてもらえる工夫をする必要があるのです。

 

一方、ホットペッパーは、そのポータルサイト自体が「美容室を探している人」が集まるサイトとして強力な認知度を誇っています。

 

それゆえホットペッパーに掲載するだけで見つけてもらいやすくなります。

 

「認知」の問題はSNSも同様です。もちろん、SNS上でサロンを知ってもらう手段はホームページのそれとは違います。

 

ハッシュタグやフォロワーの数など別の変数について対策を練ります。

 

販促ツールは、認知度をあげる工夫が肝になります。

 

予約管理

販促ツールで、サロンを見つけてもらえたら、お客さまが予約をしてはじめて入店してもらえます。

 

そこで重要になるのは予約のしやすさです。

 

例えば、ある女性が、夜家に帰ってシャワーを浴びた後、髪を切りたいと思ってネットでサロンを探します。

 

あなたのサロンが気に入り、行ってみようと思いました。

 

もしあなたのサロンで予約システムがなかったら、お客さまは明日の営業時間に電話をしてスケジュールを確認する、あるいはメールフォームやLINEを送って、サロンからの返信を待つことになります。

 

そんな手間はしたくありません。「今この場で予約できること」が大きなアドバンテージになることはおわかりですね。

 

ホットペッパービューティーはカレンダーのように見やすく、空いている時間を可視化できます。予約すると同時に確定するため、手続きが短時間で済みます。

 

「サロンに確認して、サロンからの連絡を待つ」という行為はお客さまにとって無駄な時間です。

 

どんなに素晴らしいサイトであっても、好みのスタイルが多いSNSであっても、予約の仕方が面倒だと、完全に離脱してしまいます。

 

ホームページを作ったら「予約をどうするか」という部分はセットで考えなければなりません。

 

消費者の予約プロセスを考えると、電話やフォームの問い合わせなどはかなり失客の可能性を広げていると思います。

 

顧客管理

サロンがお客さまを管理する方法も様々あります。小規模サロンですとノートや紙カルテに保存している人が多いです。

 

ただし、ノートやカルテだと客数が増えれば管理が難しくなります。かさばってスペースを取られます。そこでシステムの出番です。

 

顧客管理システムの目的は、来店客への囲い込みです。

 

新規客の情報をサロン内で共有して次回の施術に活かす。あるいは、リピートを促すために、顧客の属性にあわせて訴求する。

 

顧客情報は将来の売上を作る資産になるのです。

 

もちろん、どこまで細かく管理するか、分析するかはサロンによって様々ですが、顧客データは、しっかり活用されれば、リピート率アップや、ロイヤルカスタマー化にも効果を発揮できます。

 

ちなみに簡易な形であれば、ホットペッパーのサロンボードで対応できてしまいます。

 

ホットペッパーは大事な3つを抑えている

ここまで読んでいただくと、ホットペッパーは集客施策に不可欠な3つを持っていることに気づくでしょう。

 

それが、圧倒的なシェアを誇る理由なのだと思います。

 

販促ツール

日本最大の美容室ポータルサイトに掲載することで、認知度を高めクーポンを使って来店を促す仕組み。

 

予約管理

サロンボードのネット予約はカレンダーのようなインターフェースで空き状況を可視化。24時間いつでも予約が可能。当日予約にも対応。

 

顧客管理

ホットペッパーの会員情報のほか、顧客情報を管理して、顧客に合わせてDMなどを発行。

 

ホットペッパーに代わる集客手段を考えるときには、必ず販促ツールという側面だけでなく予約管理・顧客管理もセットにすべきです。

 

 

3つを組み合わせてカスタマイズ

販促ツールはその中身だけでなく、認知度をあげる努力が不可欠です。

 

実際に来店してもらうためには予約管理システム、そしてその後の囲い込みには顧客管理システムを利用しましょう。

 

ツールの組み合わせによっては販促費を抑えることができます。ホットペッパー掲載費よりも費用を下げることもできるでしょう。

 

もちろん集客施策には費用だけでなく効果の部分も重要です。

 

そのためにも、自分のサロンの課題は何で、新規顧客を何人必要なのか、リピート客をいくつ増やすかという目標を設定して、それに見合う集客施策を考えましょう。

 

サロンの目標に合わせてカスタマイズすることで、ホットペッパーに頼らない集客ができるようになるのも事実です。

 

まとめ

集客施策は、販促ツール、予約管理、そして顧客管理の3つを抑えましょう。

 

お客さんにサロンを認知してもらい、興味関心を持ってもらう工夫

 

来店してもらうのにスムーズに予約ができる仕組み

 

来店したお客さんを囲い込むための仕掛け

 

自分のサロンに適した集客施策がわからないと悩んでいる方、ビューティガレージと一緒に考えませんか。

 

ぜひ開業無料相談にお問い合わせください。

 

●文/コンシェルジュ室:安斎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビューティガレージ コンシェルジュ室

日本最大級のプロ向け美容商材のオンラインショップ&ショールームを運営する株式会社ビューティガレージで、サロンの開業・経営支援のコンサルタント業務を担当。

15年以上のサポート実績と、数多くの開業事例、データに基づいた分析で、年間600件以上の開業に携わっています。

事業計画書の作成からお店のオープンまで、サロンオーナーと二人三脚で開業準備を行う「開業プロデュース」が好評。成功サロンを多数輩出しています。

関連記事

開業事例