あなたのサロンのコンセプトは? すぐに答えられなかった方は必読!コンセプトメイキングのコツ①

2018/05/20

開業準備を始めるにあたり、最初に手掛けるのは事業計画書の作成です。

 

では、事業計画書で最初に手がけるべきはなにか?

 

答えは・・・

「コンセプト」と「ターゲット」を明確に定めることです。

 

ターゲットを日本語に訳すと「的」です。

そして、その的に刺さる「矢」がコンセプトになります。

事業は「誰に?」・「何を?」伝えるのかが非常に重要です。

「誰に?」を表すのはターゲット。

そして「何を?」にあてはまるのが「コンセプト」です。

 

金属の的に木製の矢は刺さらないのと同様に、この的と弓矢の組み合わせは、バラバラに考えては効果がありません。

今回はこの「コンセプト」について考えていきたいと思います。

コンセプトとは

「サロンコンセプト」は事業計画書作りの核になる部分です。

しかし、そもそも何のためにサロンコンセプトを作るのでしょうか?

その答えは

「お客様をひきつけ、スタッフに目標とするイメージを伝える。」

ためです。

お客様にサロンの魅力や特徴をわかりやすく伝えます。

更にスタッフにもサロンが目指すべき方向を、これもわかりやく伝えるのです。

 

コンセプトメイキング

スターバックスの「サード・プレイス」はあまりにも有名なコンセプトです。

「第一の場所=家」「第二の場所=職場」

スターバックスは「第三の場所」になることを目標にしています。

内装や家具は落ち着いたリビングのようで、スタッフの方も笑顔で親しげに話しかけてくれます。

これは「サード・プレイス」というコンセプトを実現するためなのです。

先ほど書きましたが、コンセプトはお客様、スタッフに「わかりやすく」伝えることが重要です。

人は長い文章を覚えるのは苦手です。

20文字以内の言葉でないと中々覚えることが出来ません。

まとめ

コンセプトとは、「お客様」と「従業員」にわかりやすくお店の核となる部分を伝えるためのもの。

文字数は20文字以内を心がける。

 

●文/コンシェルジュ室:鴨川

この記事のタグ

事業計画書

関連記事

新着記事

開業事例