コロナ禍のなかでの開業 くつろげる空間で安心感をあたえるサロン |センター北

  • name:unbent
  • address:神奈川県横浜市都筑区中川中央1-37-6セントラルヴィラ203
  • open:2020/5
  • space:68.77㎡
  • URL:https://www.unbent.jp/info.html

SALON OWNER

unbent

柴田 拓郎オーナー さん

  • 柴田オーナーが開業を志したきっかけを教えていただけますか?
  • 独立する直前まで働かせて頂いた店への入社時に
    「3年後に開業しよう」
    と期間の目標を定めて入社しました。

    その他に
    ・売上目標
    ・新規再来率目標
    も決めていて、いずれも達成することが出来て、3年という期間も迫っていたのでアクションを起こしました。
  • 多くの方が独立する際にオーナーと衝突することがありますが、柴田オーナーは無かったのですか?
  • オーナーには、入社時に3年後に独立の目標を伝えていましたし、ちょこちょこ相談していたので、いざ独立に向けて動き出す際にも快く応援してもらえました。

    ありがたかったですね。

    私もそういうオーナーになることを目指しています。
  • 開業に向けて苦労した点はどんなところですか?
  • 最も苦労したのは、物件探しでした。

    休みのたびに候補の駅での物件探しをしました。
    何十件回ったか覚えていません。

    即答で「無い」と言われてほぼ門前払いの対応や、「後で連絡します」と言われても全く連絡ないことばかりでした。

    それでは根気よく不動産業者さんを回っていたところ、こちらの物件を紹介をしてもらいました。

    条件は良いと思ったのですが、候補としていた沿線ではなかったので迷いました。

    候補沿線以外も条件に含めてしまうと、選択肢が広がり過ぎてしまい、迷う要因が増えてしまったんです。

    しかし、自分の中での期日が近づいていたので、あまり迷ってもいられず、この物件がどうなのかを真剣に検討することにしました。

    平日、休日の昼夜に物件の前で、人の流れや年齢層を観察しました。

    コンビニの店員さんにも、それとなく人の流れを聞いたりもしました。

    そうやって調べていくうちに、どんどん魅力的な物件だとわかってきました。

    沿線に不安はありましたが、新規集客も十分見込めると確信できたので、ここで開業したいと思うようになりました。
  • 良い物件が見つかって良かったですね。
  • はい。

    でも、たまたまタイミング良く案内してもらえた物件だったので、時間が経てば他の人に取られてしまうのではないか、と不安でした。

    物件を確保するために、融資を申し込んで決定した後の物件契約だと他の人に取られてしまう可能性が高いと感じました。

    ビューティガレージに相談に行った際に「まるごとサポート」のサービスを聞き契約を決めました。

    https://salonmarugoto.jp/

    結果的に余裕をもった資金計画で開業することも出来たので、利用して正解でした。
  • コロナ禍での開業は不安ではなかったですか?
  • 開業サポートをお願いすれば、多くの人が開業は出来ると思います。

    でも、本当に大切なのは開業後です。
    経営に役立てる色々な引出しを働いている間に身に着けることが重要だと思います。

    働いてる時にめんどうな業務でも、将来の自分の引き出しになると信じて率先してやるようにしていました。

    開業してからは、そんな業務のひとつひとつが経営に役立っている、繋がったと実感しています。
コロナ禍での美容室の開業にあたっては
・小規模
・徹底した感染対策&その発信
・十分な運転資金(キャッシュ)の確保
がトレンド・意識したいポイントになっています。

コロナ禍においても、これまでの経験をフル活用して、順調なスタート切ることが出来た柴田オーナー。
今後の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

プロジェクトメンバー

プロデューサー

鴨川

デザイナー

眞田

不動産アドバイザー

尾形

プロダクトアドバイザー

丹野

関連記事

その他の開業サポート事例を見る

新着記事