経験豊富なスタイリストだからできた判断!大人世代のあらゆる理想に応える美容室をオープン|元住吉

SALON OWNER

hair salon OREO

松下 さん

今回、元住吉で開業した松下様は奥様と二人のプライベートサロンをオープンしました。


居抜き物件を改装しての開業でした。居抜き物件の造作譲渡費を支払って、そこから内装に手を加えました。


設備資金は予定よりもかかりましたが、松下様の判断基準は明白でした。重視したのは立地です。


オープン後に十分な売上を見込むためには元住吉がベストでした。


指名客が通いやすい、自宅から近い、そして奥様の地元である。


この立地であれば、売上の安定につながると確信していました。


課題はシャンプー台でした。


ガス容量の関係で1台しか設置できませんでした。ボイラーの導入を検討しましたが、新たな設備を追加するために物件をいじることを認められませんでした。


さらにハコの大きさからも、シャンプー2台を置くことによってかなり窮屈なサロンになる可能性もありました。


そういう状況で、松下様はオペレーションを工夫して効率よく施術するように考え、「シャンプー1台でもここで開業する」と決めました。


2人のスタイリストに対してシャンプー1台は「さすがに難しいのでは」と思いました。しかし松下様は「なんとかなります」と言って、課題に対しての解決策を見つけたようでした。


手狭な上に、費用がかさむ開業でしたが、松下様夫妻にとっては理想の場所でオープンできました。


多少の使いにくさはあっても、これまでの経験で乗り切れるという自信もうかがえました。


まさに、美容師としての経験や知恵に裏打ちされた、プロフェッショナルの判断だと思いました。


松下様の今後のご活躍お祈り申し上げます。


プロジェクトメンバー

プロデューサー

安斎

デザイナー

安井

関連記事

その他の開業サポート事例を見る

新着記事