人手不足を解消! 美容師がサロンに求める働き方3タイプと対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな業界で人手不足が問題となっている現代。美容業界も例外ではありません。

 

正直なところ、わがコンシェルジュ室としても、人事や採用に対してお客さまに十分な解決策を提示できていないのが現状です。

 

美容室が労働集約型のビジネスである以上、スタッフをどう確保していくかは常につきまとう課題と言えるでしょう。

 

もちろん、開業の際は一緒に働く人が決まっていて、必要な人数が確保できているケースがほとんどです。

 

とはいえ採用した人材がすぐに辞めてしまうという事態は防いでおきたいもの。

 

美容師もさまざまな働き方を望んでいる人がいます。そのことを理解しておくことで、将来的に美容室のスタッフと良好な関係を築くことができ離職を予防できると思います。

 

今回は、美容師が求める働き方の条件を三つのタイプに分けて説明していきます。

 

夢・ビジョン重視型

夢・ビジョン重視型とは、将来的に自分が理想とする形で美容師として活躍できることを重視するタイプの考え方です。

 

そのため現時点での労働環境については、「自分の夢・ビジョン達成につながるようなスキルアップができること」を条件として望んでいます。

 

また美容師の世界では美容室単位ではなく、美容師個人に対して人気が集まるということがあるため、スキルだけでなくお客さんからの人気を獲得していくことができるような環境を求める人もいます。

 

こうしたタイプの人は、今の職場で技術や知名度を得ることによって将来的に自分で開業しようと考えていたり、美容室以外にも活躍の場を広げたいと考えています。

 

したがって、夢・ビジョン重視型の人が求める条件を満たす職場とは、たとえ現時点では技術が優れているとは言えなくとも、実際にお客さんに対して施術する機会を与えてもらえるような職場ということになります。

 

そういうスタッフに対しては、将来のありたい姿を共有してもらい、できるだけ夢をサポートできる体制を作ることが重要になります。

 

「将来は独立したい」というのであれば、のれん分け制度を作ってオーナーになってもらう、新しい店舗を作った場合には店長としてのポジションを用意するなど、サロン内でさまざまなキャリアを積めるようにすべきです。

 

成果報酬重視型

成果報酬重視型とは、文字通り自分の成果に対して十分な報酬が支払われることを重視するタイプのことです。ある程度美容師としてキャリアを積み、技術や自分を必要としてくれるお客さんをすでに得ている人に多いでしょう。

 

こうしたタイプの人は、先ほどの夢・ビジョン重視型の人とは対照的に、自分が美容師として今後どのように成長していけるかといった将来的なことよりも、「今どれだけ報酬を得ることができるか」ということを重視した条件を職場に求めます。

 

既に美容師として成熟している人が多い傾向にあるので、美容室を経営するうえでは大きな戦力となりうる人です。

 

したがって自分の美容室にとどまって活躍してもらうためには、経営状況を踏まえつつ本人が納得できる給与体系を作れるように話し合うことが大切です。

 

ライフスタイル重視型

ライフスタイル重視型とは、仕事とそれ以外の生活のバランスを重視するタイプです。これまで説明した2つのタイプは、将来または現在のためにどんどん働きたいという人が多いのですが、このタイプの人はそうとは限りません。

 

背景にある事情はさまざまですが、子育てをしたい方や家族の介護をする必要がある方、あるいは金銭的に余裕があるため自分が好きなように働きたいという方など、自分が望むライフスタイルを妨げないような形で働くことを条件とする人がこのライフスタイル重視型にあたります。

 

このタイプが職場に求める条件とは、自分が望むライフスタイルを維持できるような働き方を認めてもらえるかどうかです。

 

したがってライフスタイル重視型の人を雇う場合には、働き方についてあらかじめきちんと話し合いをしておくこと、またその働き方について他のスタッフも納得しているということが大切になります。

 

具体的には、時短勤務を導入したり土日の休日を割り当てたりして、勤務時間を調整していきます。この際は、業務上のシミュレーションが欠かせません。スタッフ一人ひとりの要望をそのまま聞いていては、繁忙時にスタッフがいないという状況に陥ってしまいます。

 

まとめ:それぞれの条件を満たせるような職場を

以上のように、美容師が職場に求める条件はさまざまです。

 

経営者としてはスタッフ一人ひとりときちんと話し合うことで、それぞれのスタッフが職場に望むことを把握し、経営状況と擦り合わせてできるだけスタッフが満足できるような職場を作ることが肝要になります。

 

しかし実際には、「意欲があってたくさん働きたい人」と「自分の時間を大事にしたい人」が混在するサロンというのは運営が難しいのは確かでしょう。

 

集客と同じように“ターゲットの選定”が必要なのです。

 

「どういったスタッフに来てほしいのか」「どんなモチベーションで働く人が自分のサロンに合っているのか」を考えていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のタグ

スタッフ 働き方 制度 労働 給与

関連記事

新着記事

開業事例