きめ細やかな技術とサービスで極上のサロン体験を提供する「あなただけの美容室」|蕨

SALON OWNER

LUXEBEAUTE' (リュクスボーテ)

羽鳥 さん

蕨で開業した羽鳥様の美容室はかなりの高単価メニューで、出店エリアではひときわ目立ちます。

それでもオープン後1ヶ月も経たずに、事業計画の月間目標売上を達成しています。

羽鳥様の開業は一人サロンを考えている人にとって重要なヒントがいくつかあります。


1.自分の強みを理解している


美容師として20年以上のキャリアをもつ羽鳥様は、これまでの経験から自分がどういうタイプの美容師であり、自分の技術やサービスがどういう人に支持されるかを熟知していました。


実は自分を客観的に評価できる人はそうはいないと思います。前職では大きなサロンで店長などを経験したにもかかわらず、一人サロンを選択したのは、それが自分のスタイルにあっていたからです。


マンツーマンでお客さまから要望を引き出し、きめ細かく仕上げていくスタイルを活かすには完全貸切型にするのは理にかなっていたのです。


2.ターゲットを明確にしている


一人ひとりにじっくりと向き合うということは、逆を言えば客数を増やすことは難しくなります。したがって、利益を出すためには単価を上げることを考えなければなりません。


羽鳥様は、カット価格を8,000円以上に設定。客単価18,000円を目指しました。


当然、このご時世、1回の美容室体験でこれだけの高額を支払える人は限られています。だからこそ、羽鳥様はエリアマーケティングや自分のこれまでの接客経験から、ターゲットを細かく設定しました。


可処分所得が高く、美意識も高い女性に対して「他のサロンでは味わえない体験」「あらゆるニーズに応える」「完全貸し切り」という訴求を行うことで、来てほしいお客さまを集めることができたと言います。


3.顧客の期待に応える

羽鳥様は、自分の強みを理解したうえでターゲットを設定したからこそ、計画通りの売上を達成することができました。


しかし、お客さまが来るか来ないかは、羽鳥様がコントロールすることはできません。羽鳥様は「期待して来ていただいたお客さまに、期待以上のサービスを提供すること」を強く意識しておりました。


計画を立てるだけでは目標は達成できません。ターゲットが満足するサービスを提供することに集中したのです。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

小規模サロンや一人サロンが十分な利益を作るためには、客数ではなく客単価を伸ばさなければなりません。


その際には「自分の強みは何か」「どういうお客さまに来てほしいのか」を考え、「価格以上の価値を提供」できることがきわめて重要です。



羽鳥様の今後ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

プロジェクトメンバー

プロデューサー

安斎

デザイナー

木立

集客プランナー

齊藤

関連記事

その他の開業サポート事例を見る

新着記事