店内・インスタなどの写真をキレイに撮る方法

公開日:2022/07/13  更新日:2022/07/13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
店内撮影

最近はスマホのカメラもすごくきれいに写真が撮れるので一眼レフを出さずに撮影を行っているサロン様も多くいるのではないでしょうか?

 

その際に何点か気を付けるだけで写真がかなり綺麗に撮れるようになります。また色々な媒体にも利用をすることができるようにもなります。

 

どのように撮ると使い勝手の良い写真が撮れるのかなどをご案内したいと思います。

 

オリジナルカメラで撮影する

最近では加工アプリなども多数ありますが、できるだけオリジナルのカメラで撮影をしましょう。

 

アプリで撮影をすると写真の画素数が落ちてしまいます。

 

写真を拡大(アップ)して投稿をする際に粗くなってしまうので使い勝手が悪くなります。画像の解像度が下がると使いまわしが極端にできなくなります。

 

グリッドの設定を行う

写真を撮るのに大切な要素としては平衡感覚です。カメラが傾いた状態で撮影をすると写真を見てるお客様は違和感があります。なのでカメラの水平・直角を気にする必要があります。

 

その際にとても便利なのがグリッドになります。

 

どのようなものかというと撮影に線が出てくるのでその線をセット面と並行にして水平を気にすることや、柱や壁と垂直にして直角を気にすることができるようになります。

 

このグリッドを気にするだけで、写真は水平に保てるようになり。奥行きが感じられる写真になります。下記がiPhoneでグリッドを表示をする方法になります。

 

設定>カメラ>グリッドをON

グリット設定

 

アンドロイド端末でも設定がありますので、調べてみてください。

 

このグリッドをするだけで写真が非常に撮影しやすくなります。スタッフ写真を撮る際にもかなり役に立ちます。実際にどのようながな画面で見えるのかというと下記のようになります。

 

実際に撮影をした写真にはグリッドは映らないので安心してください。

 

設定をするだけで、スタッフ写真の撮影の際も基準ができるので統一感のある写真が撮れるようになります。

グリット

画像の明るさを考える

iPhoneでは、自動で光を調整してしまうので明るくなったり、暗くなりすぎたりするケースもありますので画面の明るすぎるところをタップしたり暗すぎるところをタップしたりして調整を行いましょう。

 

後でも明るさの調整はできますが、撮影後の調整は微調整なので撮影時に出来るだけ気を付けて撮影をするようにしましょう。

 

WEB媒体を考え横向きでも撮影をする

写真撮影をするときに、インスタ用だけなど、用途を絞らずにホームページやクーポンサイトなどの利用する写真も考えて横向きにも撮影をしておきましょう。

 

ヘアスタイルなどの撮影は縦撮りだと思いますがあえて横で撮影をすると利用できる幅が広がります。

 

ホットペッパービューティーのサロンヘッダー画像などを作る際に写真が縦撮りばかりで苦戦するケースもよくあることだと思います。

 

また、写真を少し遠めから撮影をした方が、加工がしやすくなります。被写体をズラすことで文字を入れるスペースの確保や写真を2枚を並べる際にもつなげやすくもなります。

 

下の写真の部分で左側にロゴなどを入れてもバランスよく使うことができると思います。

 

写真向き

写真を綺麗に撮る方法まとめ

今は、色々なアプリが出ていて加工も簡単にできると思いますが、せっかくの写真を色々な媒体で使いたい場合はなるべくデフォルトのカメラを利用して撮影をするようにしましょう。

 

グリッドの設定をするだけで気を付ける部分が分かるので、ぜひ設定をしてみてください。左右のスペースや、全体の余白の部分などが分かります。

 

●文/コンシェルジュ室:齊藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビューティガレージ コンシェルジュ室

日本最大級のプロ向け美容商材のオンラインショップ&ショールームを運営する株式会社ビューティガレージで、サロンの開業・経営支援のコンサルタント業務を担当。

15年以上のサポート実績と、数多くの開業事例、データに基づいた分析で、年間600件以上の開業に携わっています。

事業計画書の作成からお店のオープンまで、サロンオーナーと二人三脚で開業準備を行う「開業プロデュース」が好評。成功サロンを多数輩出しています。

この記事のタグ

関連記事

開業事例