サロンオーナー必見! ネット予約システムの選び方【オウンド編】

2018/12/11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容室

前回ご紹介した『ポータル編』から少々期間があきましたが、今回は“オウンド型”のネット予約についてお話ししたいと思います。

 

独自のネット予約システム『オウンド型』

オウンド型とは、サロン自身で専用の予約システムを持つものです。

 

主なサービスとして『Reservia(リザービア)』『Beauty Merit(ビューティーメリット)』などがあげられます。

 

前回ご紹介したポータル型(HOT PEPPER Beauty、楽天ビューティー等)が広告メディアの要素が強いのに対し、今回のオウンド型はサロン自身が所有する自社メディアのシステムとなり、メニュー内容・価格など掲載する情報はサロン自身でコントロールすることができます。

 

そのため、オウンド型では、ポータル型では避けられない必要以上な価格競争やサービス競争を避けることが可能です。

 

他ツールとの組み合わせで拡散する

掲載するだけで多くの会員に対して自分のサロンを売り込めるポータル型に対して、オウンド型では予約サイトを公開しただけでは拡散は見込めません。

 

運用するにあたり大事なのは、拡散力を持ち合わせる他のツールと組み合わせることです。

 

FacebookやInstagramなど広く知られているSNSのほか、先日ご紹介したGoogleマイビジネスも有益なツールのひとつ。

 

無料でGoogleマップに自身のサロン情報の掲載ができ、Googleでサロン検索をすると必ず最初にマップが表示されることから考えても大きな露出力をもったツールだといえます。

 

このようなツールと組み合わせて運用していくことにより、ポータル型の運用でかかる費用の半額もしくはそれ以下のコストで集客することが可能です。

 

大事なのは、他のツールで継続的に拡散してネット予約の導線をどれだけ構築できるかに尽きます。

 

既存顧客の囲い込みとファン層の獲得

オウンド型予約システムはサロン独自の予約システムですので、会員様に対して、自身のサロン以外の広告や情報が配信されることはありません。

 

情報配信も全てサロン側でコントロールができるので、既存顧客の囲い込みに適したシステムだと言えます。

 

最近ではスマートフォン向けのアプリを開発するところも増えてきました。

 

予約がより簡単に取れることに加え、

  • 再来客限定クーポンの設定
  • 来店履歴の確認
  • ポイントの確認
  • 来店時に会計不要となるスマート決済機能
  • 来店周期に基づいたプッシュ通知でのお知らせ

など、会員にとって有益な機能が多くファン層を獲得するにも優れたシステムです。

 

会員登録不要で予約成約率を高める

ここ最近のオウンド型ネット予約サービスは、基本的に会員登録不要で予約ができます。

 

従来は個人情報の入力にメールの送受信などで会員登録が必要でしたが、「すぐに予約をしたい」というお客様にとっては非常に手間で後回しになったり、メールの送受信がうまくいかず予約を諦めてしまったりといった例が多くありました。

 

しかしここ最近では会員登録不要で予約できるサービスが増え、PCやスマホの操作が苦手なご高齢のお客様でも簡単に予約することができるなど、サイトへアクセスしたお客様の予約成約率が非常に高くなっています。

 

ちなみに会員登録不要の仕組みを業界に広めスタンダードにしたパイオニアが『Reservia(リザービア)』です。Facebookアカウント、Twitterアカウントでの予約取得も可能にし、ここから一気にネット予約の利用率が広がりました。

 

オウンド型予約サービスをご検討中のサロンオーナー様へ

広告・外部対策要素が強いポータル型の予約システムに対し、オウンド型の予約システムは顧客の囲い込みやファンを増やすためのブランディング・内部対策を主としたツールであるといえます。

 

唯一欠点となる拡散力を補うためにも、他の周辺ツールの知識を持ち合わせ活用していくことが非常に重要です。

 

さらに理想を求めると、SEOの知識を身につけ自社メディアを運用していくことでインターネット上に多くの情報を露出でき、より効率良く集客していくことが可能となり、オウンド型ネット予約システムの活用の幅も広がります。

 

もしご興味ある方や導入を迷われているサロンオーナー様がいましたら、ぜひ一度ビューティガレージの『無料相談』にご相談ください。

 

●文/サロン集客チーム:木透真悟

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事

開業事例