融資担当者は開業者の味方!協力して借入金を獲得しよう!

公開日:2021/05/01  更新日:2021/04/30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容室 開業 融資

開業サポートをさせていただいたオーナーの話です。日本政策金融公庫から、自己資金200万円で1,000万円を借りるために融資面談に行きました。

 

サロンの規模に対して借入金額が少し高いと思われたようです。その時に、融資担当者から「難しいかもしれませんが、がんばってみます」言われたそうです。

 

融資担当者は、申込者の融資を通すために、支店の決済承認をもらいます。この面談担当者の一存では決まらないことを示しています。

 

結果として、そのオーナーは無事1000万円の融資を獲得できました。その時オーナーは私にこう言いました。

 

「融資担当者って自分の味方だったんですね。」

 

そうなんです。融資の担当者は、実はあなたの協力者なのです。

 

担当者は融資を通すことで評価される

以前、記事にも書きましたが、日本政策金融公庫は「お金を貸す」ことが唯一の業務です。貯金もできませんし、運用も行っていません。

 

事業のためにお金を貸して、その返済利息が日本政策金融公庫の収益になります。

 

お金を貸すことで収益を得るのですから、つまり本音はお金を貸したいのです。「その人にお金を貸して大丈夫か」「いくらなら融資できるか」という判断を担っているのが融資担当者です。

 

誤解を恐れずいえば、融資担当者の評価は「どれだけお金を貸せたか」になります。

 

申込者がいることは、お金を貸すチャンスですから、できるだけ融資を通してあげたいと思っているのです。しかし、融資担当者が決定者ではないのです。つまり彼らの上長が担当者の判断を元に融資決定を行うのです。

 

支店での決済承認を目指す

日本政策金融公庫のホームページを見ると、新創業融資制度の借入金の上限は3,000万円となっています。ところが、初めて開業をする人の場合、借入金の上限は1,000万円になってしまいます。

 

1,000万円以内の融資であれば、日本政策金融公庫の各支店で決済できるからです。

 

1,000万円以上を借り入れようとすると「認定支援機関」の税理士や会計士に事業計画の指導や助言を得ることが条件になります。

 

多くの開業者は、自己資金と上限1,000万円の借入金で事業を始めなければなりません。

 

開業者は融資審査において、融資担当者と面談を行います。融資担当者が支店の決済者に、融資の承認を得て、融資が決定します。

 

お金を借りたい開業者と融資を通したい担当者は、支店の決済者から承認を得るために協力しなければならないのです。

 

担当者に十分な情報を渡す

最終的に担当者が支店決済者に承認を仰ぎます。開業者が支店決済者にお願いすることはできません。

 

開業者の代わりに、融資担当者が決済者に対してプレゼンを行うのです。

 

ということは、開業者は融資担当者がしっかりと自分のことや事業のことをアピールできるために、十分な情報を提供しなければなりません。

 

申込書類一式

手続き上必ず必要なものを提出できているか、は当然基本中の基本です。不備があっては審査は通りません。準備ができるまでは審査をしてもらえないかもしれません。

 

例えば美容室開業であれば、開業者が美容師免許を持っていることが前提です。したがって美容師免許を用意します。

 

他にも、借入申込書や推薦書、源泉徴収票や確定申告など、審査に決められている書類を不備なく提出できていることで信頼度があがります。

 

自己資金・信用情報

自己資金を証明できるもの、定期的な支払いを行っている証が必要です。

 

この2つが通帳に記載されていることがベストです。それ一つで証明ができます。

 

もし通帳で不明な入金があったり、水道光熱費をコンビニなどで払っていたりすると、証明に手間がかかります。

 

事業計画書

お金を借りたら、利息を付けて返済できるだけの利益・売上の計画を根拠を添えて提出しましょう。

 

できれば個人の実績など数字、自分のスタイルが載っている雑誌など、計画の根拠になるものは担当者にとってはとてもありがたい情報です。

 

まとめ:担当者と協力して融資を獲得しよう

「融資担当者は厳しい」というイメージがありますが、実際は違います。彼らはお金を貸すのが仕事です。できることならお金を貸したいのです。

 

開業者と融資担当者は「融資を通す」という共通の目的を持っています。したがって、開業者は、融資担当者にしっかりとアピールをして、十分な情報を提供すべきです。

 

融資担当者は味方です。あなたのかわりに決済者への承認を取り付けてくれる人です。

 

何度も伝えていますが、開業というプロジェクトは様々な人と協力しあって成功させるものです。融資担当者も開業プロジェクトの仲間の一人なのです。

 

彼らががんばって決済承認を得るために、協力するつもりで融資の準備を行いましょう。

 

※参照

成功の秘訣は協働作業! 開業におけるビジネスパートナーとの付き合い方

信用情報だけじゃない!融資担当者から信頼を得るための日々の準備

お金はあるのに認められない?注意しよう!融資審査における自己資金の定義

 

●文/コンシェルジュ室:安斎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビューティガレージ コンシェルジュ室

日本最大級のプロ向け美容商材のオンラインショップ&ショールームを運営する株式会社ビューティガレージで、サロンの開業・経営支援のコンサルタント業務を担当。

15年以上のサポート実績と、数多くの開業事例、データに基づいた分析で、年間600件以上の開業に携わっています。

事業計画書の作成からお店のオープンまで、サロンオーナーと二人三脚で開業準備を行う「開業プロデュース」が好評。成功サロンを多数輩出しています。

関連記事

開業事例